忍者ブログ

魁!!ひとり家庭科部

"おうちで楽しむ"というと聞こえはいいですが、実際は仕事だけは頑張って行っている引きこもりが家でだらだらやっているだけのブログ。最初の2ヶ月くらいは、活動の拠点となる部室(と称した新居)の改装を中心に。時折ちょいちょい出てくるテレビ・漫画ネタはご愛嬌ということで(ノ∀`)

今週のテレビレポ(6/16~22)

今週はずっと見てきたドラマ、
”死神くん”&”弱くても勝てます”の最終回!
ドラマはめったに見ないのですが、
嵐の演技派2人が主演ということでつい(ノ∀`)タハー
それ以外にもいろいろありますよ~


まずはバラエティーから

*アメトーーク・芸人体当たりシミュレーション2
録画ができてなくて最後の10分くらいをリアタイで見ただけでしたが
今回も面白かった!
くさや熱湯障害物走、鼻にくさやをつけられ
頭に熱湯の入ったボールを乗せられて協議すると言うもので
臭い&熱いで大変そうでした
ゲストの勝っちゃん通称:シャー&短パンの人
ハライチ澤部くんのことを
”トップバッターはただ競技&リアクションをするだけでなく、
それがどんな競技なのかをテレビを見ている人にもわからせるよう
何かしらの表現をする必要があるんだけど
それがきちんとできていたのでトップバッターに相応しい!”
的評価をしたのが印象的でした
↑ごめんなさいねー、録画が残ってないんで記憶で書いてますw
それ以外だと印象に残ったのは三四郎の小宮くんと
何気にお湯の量をたっぷり残した英孝ちゃんでしょうか
*スクール革命!
ニセ若林くんがグルメロケに挑戦して店員さんが気づくかという実験
一般人であるニセ若林くんが食レポで普通のコメントしかできなくても
誰も気づかない!
結局誰にも気づかれることなくロケを完了させた
ニセ若林くんがすごすぎるのと本物の若林くんの立場ってw
よーく見ると目の雰囲気とか、声とか若干違うんですけどね~
ニセ若林くん役・八木さんのブログはこちら
ちなみにtwitterは相互フォローしていただいてます!←ちょっと自慢m`*)
*劇的ビフォーアフター
”日に日に傾く家”とはまた怖いタイトルです
原因のひとつだった崩れかけの擁壁を
いちから作り直ししたのがすごかったです
昔の建具を生かしつつ、1Fは白木ベースのナチュラル路線、
2Fは濃い茶色ベースでシックな内装になっておりました
あとは、おばあちゃんの洋裁道具のレトロなミシンが
新しくつけられた台で機能的になっていたところに
つい食いついてしまった自称縫いラー
次は7/13!待てるかなぁ~

ここからドラマ、長い&特にネタバレ注意!←誰も見ないか( ´_ゝ`)プッ

*死神くん
まずは今回のツッコミどころ
・大企業でビルも大きいのに警備員が1人しかいない
・その警備員が仕事で無実の罪をきせられて
クビになった人間だったにもかかわらず普通に採用、しかも名札も本名
・途中一般社員がセキュリティを解除して社員のほとんどを逃がすのですが
一般社員でも解除できるシステム
その警備員が企業への復讐として大量殺人を企てるのですが
その警備員役は田中圭くん、
6年前に魔王で大野さんの復讐相手の1人だったのですが立場逆転です
大野さん演じる死神が
”真実が明らかになる、それでいいんではないでしょうか
”復讐をやってしまえば後悔してしまうのではないでしょうか?”
”どんなに苦しくても、何か希望を見つけて生きていく。
それが、人間の強さなんじゃないでしょうか?”
と復讐を止める姿を見て
6年前に復讐を企てた反省をしてるかのようでした
もしかして、死後の成瀬先生が死神に転生?
その後、死ぬはずのビル残された人を救うことと、
悪魔に魂を奪われて先に死んだ仲間と天界で会えなくなること避けたのと
しかしそれ以上に警備員さんに罪を犯して欲しくないことでと、
死神手帳を書き換えてしまう死神
警備員さんは
”ありがとう、僕のために涙を浮かべてくれたのは君が初めてだよ”
と言ったあと手帳を書き換えたとおり転落事故死してしまい
罪をきせた人を含めビルに残された人は助かります
その後死神と監視官のカラスは消滅、
悪魔もかなえる必要のない3つ目の願い”過去の不正をマスコミをバラす”
というのを実行し、その様子が流れるモニターを眺めているのですが
そこに死神と監視官の上司である主任孤高のグルメの方登場、
悪魔に”死神と監視官は消滅した”と告げたあとの
悪魔の呆然とし、天を仰いだ表情が印象的でした
そして歳月は流れドラマの引用
普通のかわいい女の子としての人生を楽しんでいる
監視官の生まれ変わりと思われる女性と
海辺で釣りを楽しんでいる死神の生まれ変わりと思われる男性が
奇しくも対面するも人違いだったというところでラスト
ちなみに死神側は思いっきり素の大野さんだったので
無事笑いで締めくくりでしたw
-----
私が見てきた大野さんのドラマは
魔王・鍵部屋ともに賛否両論分かれる結末で
とはいえ魔王の結末はこれ以外に考えられませんでしたけどね
このドラマでは無実の罪をきせられた人が死んで、
罪をきせた人が生き残ったしまうのですが
死神的には最善の方法だとしてもちょっぴり複雑ですね(・ω・`)
とはいえ、冤罪をきせられた2人の魂が天で再会できるのが救いなのと
死神と監視官も人間として楽しい生活を送ることが
できるようになったのはよかったと思います
悪魔と遊んでくれる人がいなくなったのが心配ではありますがw
それにしても、大野さんと2度共演して2度死ぬ役になってしまった
田中くんの演技が光ってました!あと、悪魔役の菅田くんも!!
菅田くんは仮面ライダーがきっかけで一部ネット等でフィリップと呼ばれるようになりましたが
これからは悪魔って呼ばれるんでしょうか?
*弱くても勝てます
こちらは最終回にして一気にまとまった感じでしょうか
ドラマ中盤のニノ先生からの全員への贈る言葉は
全員涙を流しながらの熱演でした
そのあとのチーム全員・関係者・
さらにはライバルチームの監督実は相棒の伊丹氏wまで参加しての引退試合
ニノ監督の投げたボールが伊丹監督に当たっての
乱闘騒ぎに笑ってしまう一方
伊丹監督が自分のチームのエースの弟であるニノチームの2年生に
兄がお前のことを自慢の弟だと話していたと告げるシーンでは
ついウルっとしてしまいました。
ラストではニノが元の職である研究者に戻りながらも
ちびっ子野球の監督となっていて野球を楽しんでいる様子、
そのときのニノの表情がドラマのラストに相応しいいい表情でした
それにしても、こんな監督だったらちびっ子のみならずお母様にも人気そう(´д`ゞ

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
部長
性別:
非公開

P R