忍者ブログ

魁!!ひとり家庭科部

"おうちで楽しむ"というと聞こえはいいですが、実際は仕事だけは頑張って行っている引きこもりが家でだらだらやっているだけのブログ。最初の2ヶ月くらいは、活動の拠点となる部室(と称した新居)の改装を中心に。時折ちょいちょい出てくるテレビ・漫画ネタはご愛嬌ということで(ノ∀`)

"生きる"ことを考える本を買いあさった

さて、寝室の照明を取り付けたこともあり
最近は寝る前の読書がブームです。
これまでは倉庫に置いてある社長が読んだ後の本を
こっそり借りて読んで本代を節約してましたが
気になってた本が文庫化されていたことを電車の中吊りで知り
久しぶりに自腹で本を買いましたw


41歳で急逝した金子哲雄さんの遺作と、
それに対する奥様のアンサーブックです。
最期まで周りに病気のことを伏せ、
明るく仕事に取り組んでいた金子さんが
病気を知って何を考え、どういった行動を取ったのか気になって
文庫になったら絶対読もうと思っていた作品です。
まずは金子さんのを読んで、読み終わったら奥様のを読もうと思っています。

その後見つけたのがこちら
 

"名言セラピー"がベストセラーとなったひすいこたろうさんの本です。
明日自分が死ぬとしたらどうする?というテーマで
いろいろな質問を投げかけているのですが
その行き着く先は
"明日死んでも後悔しないよう、毎日を一生懸命生きなさいよ"
ということなのかもしれません。

というわけで、なぜか"生きる"ことがテーマの本を3冊も買ってしまいました。
ちなみに、私が余命宣告をされたのでは?というのは
全くないので安心してください!!!
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

金子さんの本を読まれたんですね。

生前、明るく振舞われていただけに
切なく思えてしまいますし
自分の命の
残り少ない期限を知ってしまったときの
覚悟の決め方って
想像もしたくないけれど
重要なことですよね。

部長様には是非長生きしてもらって
面白い話題をいろいろ伺いたいです。

コメありがとうございます~

buncaさん
おととい昨日で金子さんの書かれた方を読み終えました。
個人的にはご本人の書かれた箇所よりも、
あとがきで奥様が書かれた箇所の方が泣けました。
亡くなることをごく親しい方にしか知らせず
最後まで明るく振舞っていた金子さん、
本当に強い方だったと思います。
buncaさんにはこれから新しい命を育てるという
大事な使命もあります。
どうぞお体にお気をつけて、長生きしてくださいね。
私も、頑張ります!

プロフィール

HN:
部長
性別:
非公開

P R