忍者ブログ

魁!!ひとり家庭科部

"おうちで楽しむ"というと聞こえはいいですが、実際は仕事だけは頑張って行っている引きこもりが家でだらだらやっているだけのブログ。最初の2ヶ月くらいは、活動の拠点となる部室(と称した新居)の改装を中心に。時折ちょいちょい出てくるテレビ・漫画ネタはご愛嬌ということで(ノ∀`)

無印Tシャツを、2015秋冬トレンド風にアレンジ!

突然ですが、部長は今日が誕生日です。
また1つ歳をとってしまいましたが引き続きよろしくお願いします。

さて、今年は今まで以上に部室に引きこもることが多く
気が付いたらお出かけするときに着る服がない…
なので先週末は自分への誕生日プレゼントも兼ねて
服を買いにお出かけしたのですがなかなかいいのがなくて…
結局買わずに帰ってきました。
僕に似合う服なんかはありゃしないのよ~by B'zな感じです

ですがそれだと本当に服がないので、
そのままだとシンプルな無印のTシャツをアレンジ!
一枚でもインパクトがあって、今から秋まで着られるようにしてみました。


なんでも今年のトレンドの1つにフリンジがあるとのことでしたので
近所の手芸屋さんで売っていたフリンジテープを裾に縫い付けてみました。
フリンジというと”そうめん”とか”スターにしきの”とか言われそうですが
↑って、生ダラ世代なのがばれるw
フリンジの位置が裾なのと、全体を白で統一したので
意外と何にでも合わせられそうな気がします。
フリンジテープの余りでピアスも♪

でもって、色違いも


こちらはTシャツの色とテープの色を違う色にして、
フリンジがアクセントになるようにしました。
やっぱりこちらもピアスも♪

なお、Tシャツ1枚1000円!
フリンジテープは1m1188円!!
テープの方が高いw
でもこれでお気に入りの1着になると思えば安い…ですよね♪

これは帰省時にデビューさせる予定ですので、着るのが楽しみです~
PR

アイパー滝沢さんの個展に行ってきた

今週は仕事が忙しかったりお友達と会っていたり
休みボケどころではなかったかもです(ノ∀`)

そんな中、編みモチをあげてくれそうなイベントが!
お笑い芸人・アイパー滝沢さんの編み物個展が下北沢で行われていたので
見に行ってまいりました。

下北の路地裏を歩いているとこんな看板が!


そしてこの奥のギャラリーの入り口では
何と、アイパーさん本人がお出迎え!!

なお、今回は一部の作品を除き写真撮影OKだったので
たくさん撮ってきましたよ~
写真多いんで続きは追記にて♪

春夏仕様クッションカバー・縫いバージョンです

実は先週末は珍しく3連休でした。
しかも、他の同僚は飛び石で出勤だったのでちょっと優越感(´д`*
こんな貴重な3連休といったらアレをやるしかないでしょ!
と思って作ったのが先に紹介した布パネル

さらにさらに、コレもやるしかないでしょ!
と思って作ったのが、こちら


クッションカバーです♪
まとまった時間がないとミシンを出そうという気にならないのですが
かといって手縫いはダメダメなのでw
なんといっても3連休!
ここはミシンを出して、4つ一気に作っちゃいました。
サイドのファスナー付けを思い出すのに一苦労でしたが、
思い出してからは意外とサクサク作ってしまいました。

あとは春夏仕様・編みクッションカバーを完成させて、
今の布パネル&クッションカバーと入れ替えですね♪

そんなわけで、引越し半年後の連休は
家にこもって手作り三昧でした~
家の外に出たのってご飯食べ行くかスーパーに買出し行くかだけだったような
せっかくの3連休、
"こんな引きこもりな過ごし方ででいいんですか?"
という疑問はあるものの
今だったら川平慈英氏ばりに
"いいんです!"と答えられそうですw

老舗生地屋さん、相次ぐ閉店(;ω;)

先日、寝る前にネットのニュースだけ見ようと思ってチェックしたところ
ショッキングなニュースを見つけてしまいました。

渋谷の老舗洋裁生地店「マルナン」閉店へ-71年の歴史に幕


狭い店内に生地がびっしりだったここマルナンさん、
学生時代渋谷によく行ってた頃はここにもよく行ってました。
お値段も安いですが、
店員さんが皆さん親切だったのが印象的でした。
親が東京に遊びに来たときもここに連れて行き、
私の分の布まで買ってもらった挙句スカートを作ってもらったのもいい思い出です
(そのスカートは毛玉だらけになるまではきまくって天寿を全うしました)

だがしかし、ショックはそこでは収まらず。
さらにショッキングな事実に気づいたのです。

手芸店「コットンフィールドpart1」、30年以上の歴史に幕

なんということでしょう!
しばらく吉祥寺に行ってない間にこんなことになっていたとは…

先日紹介したコートの生地もここで買ったものですし、
インテリアの生地もここでたくさんそろえました。
お店入ってすぐの目玉商品でもある
カラフルな布やナチュラルな麻布なども素敵でしたが
売り場奥のコットンレースコーナーに
大型店ではなかなか見ない個性的でかわいいレース生地があったりして
吉祥寺に行ったら必ずチェックしてました。
新居の布ものもここで生地買って作ろうと考えていただけに
本当に残念です。

引っ越したら広いリビングになって、やっと布を思いっきり広げられる!
と思っていた矢先のこのニュース。
本当に残念でなりません…

あとは、下北沢の老舗・もめんやまきのさんが閉店しないことを祈ります。

どうしても捨てられない、縫い物1番の大作

いきなり私事で恐縮ですが、ひとつ歳をとりました。
歳をとるのはうれしくないお年頃ですが、
お祝いしてもらえるのはいくつになってもありがたいです。
そんなことを書いていたら、"私のカバンにはまだ若干の余裕がございます!"
と差し入れをねだる現役のこん平師匠を思い出しました

さて、もうかなり前の話になりますが、
学生時代洋裁、特に洋服を作るのにはまってました。
周りの学生がサークルで華やかなキャンパスライフをエンジョイする中←死語だらけ
奥様やOLさんに混ざってカルチャースクールで洋裁を習い
当時の洋裁指南書"装苑別冊"に載っている
原型から型紙を起こすような精度の高いオサレ服を
作りまくってた時期がありました。
そんな私の当時の行きつけスポットはもちろん
ユザワヤさんあるいはコットンフィールドさん@どっちも吉祥寺
あとは、まとまった時間が取れれば日暮里にも足を伸ばしてました
↑当時は新宿は苦手だったので、オカダヤさんにはほとんど行かなかったです

そのときの服はほとんど残ってないのですが、
どうしても思い入れがあって手放せないのが


ゴブラン織りの生地で作ったコートと、余り布で作ったミニバッグです。

ちょうど初秋でコート作ってみたいぞって気分になって、
いつものごとく吉祥寺に行って布を物色したところ
コットンフィールドさんの奥でこの生地を発見!
本来ならゴブラン織りはインテリア用の生地。
コートにする生地ではないため買うまでに2時間ぐらい迷ったのですが、
"この生地で作ったコートを着たところで誰に迷惑をかけるわけじゃない!"
と思い切って購入!
教室の先生や他の生徒さんに驚かれながらも、
完成したときにはちゃんとしたコートになっていてさらに驚かれました。
しかもまたまた驚いたのが、もう少しで完成間近!といったところで
ファッション誌に同じ柄のコートが載っていたこと!!
これは負けられないと急いで仕上げたのもいい思い出です。

そんな思い入れのあるコートですが、
毛玉も目立ち袖口あたりがすれてきてるのと
もうすぐ引越しというのとで
非常に名残惜しいのですが、古布回収に出すことに決めまして。
↑のように写真を撮り、紐で束ねて、
こうやってブログに思い出をつづったところで…

なんということでしょう!
ブログにつづっていたら急に手放したらいけない気持ちになってしまいました!!

というわけで、今回は回収に出すのやめになりました。
この調子だと引越し先に持っていくの決定になりそうです
ついでに、棺桶まで一緒だったりして(´д`ゞ

プロフィール

HN:
部長
性別:
非公開

P R